2018 中学合格体験記

途中入塾者インタビューはこちら

やってよかった!やっぱり川ヨビ!

Y・Tさん

桜蔭・浦和明の星・栄東東大選抜・品川女子学院・洗足学園・豊島岡女子・法政第二 合格

合格を知ったとき、最初はうそかと思いました。その後、人生で一番うれしい気持ちになりました。私が川ヨビで良かったと思うことは、二つです。

一つ目は、人数が少ない分、一人一人の苦手を分かってくれることです。国語の記述が苦手だった私も、基本を何度も教わり、六年秋ごろ成績がのび、本番でも自信が持てました。

二つ目は、ユニットテスト集です。ユニットテスト集は、講習の前などに配られ、自分の苦手を重点的に復習することができます。図形のテスト集を夏にやって、元々得意だった算数がさらにのび、社会のテスト集をやると、本番直前で成績がのび、うれしかったです。

この合格は、川ヨビでなければ勝ちとれなかったと思います。川ヨビの先生方、本当にありがとうございました。そして、努力すれば結果はついてくるので、在校生のみなさん、頑張ってください。

R・Nさん

鎌倉女学院・フェリス 合格

私は、6年生の夏期講習で算数の教科書をすべてときなおして、解ける問題をふやしました。その頃から勉強量をすこしずつふやしていきました。

入試の時は、あまり手ごたえがなく、とても不安な気持ちで一杯でした。

合格を知ったのは次の受験の会場に向かう途中で、最初は信じられなくて、自分が夢でも見ているのではないかと思いましたが、メールについていた写真に自分の受験番号がうつっていたときにとても実感がわいてきて涙がでるほどうれしくて足ががたがたとふるえました。今までの努力がむくわれたのだと思い、今まで味わったことのない、とてもうれしく雲の上にいるような気分でした。

私は川ヨビに通って、Uタイムの時間が、家よりも集中することができたので良かったと思います。また先生に質問することもできたので、自分の実力をつけていくことができたので川ヨビに通っていて本当によかったなと思います。

K・Yさん

鷗友学園・カリタス女子・湘南白百合 合格

川崎予備校の先生方は、一人一人のことをよく見てくれていてサポートしてくれます。

例えば、私は算数と国語が苦手でしたが、算数では私の苦手な部分を日々のテストからよく理解してくれていて、プレテスト集を問くことをすすめてくれたので、それを何度も何度も質問しながらたくさん問き直しました。国語では、読むスピードが足らず文章をしっかりと読み込むこともできていない、ということで毎回毎回授業でやったものの意味調べや音読を行いました。

私はこのようなことを6年生の秋から本気の本気で行いました。他にも、知識系のものを覚え直したり…と沢山の努力を積み重ねました。

この努力は無事実り、しっかりと合格を取ることができました。この時私は「努力は必ず報われる、という言葉は本当だったのだな。」と強く実感し、努力の大切さなどを学ぶことがきました。

M・Sさん

カリタス女子・横浜雙葉 合格

私は本命校の受験のとき少しきんちょうぎみでしたが、じゅくの友達や学校の友達と会って自分と同じように戦う人が身近にいてくれることを実感しきんちょうが和らぎました。

しかし一番苦手だった算数の結果がそうとうひどかったと解く上で思い、あせってしまいテストが終わったら自信がいっきになくなってしまって、おちこんでいましたが、すべり止めの学校は心を入れかえて臨みちゃんと合格することができました。

後日、本命の結果発表で受かっているのを確認することができると安心して帰り道でぴょんぴょんはねていました。私もそうですが落ちたと思った学校でもちゃんと受かっていることだってあるので最後まであきらめないでください。

K・Sくん

浅野・栄東・日本大学・広尾学園 合格

合格したことを知った時には、自分のほおを2度たたき、「夢じゃない!」と言いました。この喜びは何物にもまさる物だと思います。

国語は得意科目でした。算数は、あまり気にかけてなかったのですが、実は苦手であるというのが夏発覚しました。みなさんも思ってもいない科目や単元でつまずくことがあるかもしれません。気を付けてください。家庭では理社の弱点、補強を重点的に行っていました。

風呂に入っているときに暗記効率が良いと聞き、プリントをファイルにはさんで覚えることで成果が出ました。算数は、授業を最大限集中して聴き、「間違えた部分は十五分復習」という行動を続け、二月二日ぐらいのギリギリでしたが、手ごたえをつかみました。「やる気スイッチは、入るのを待つのではなく自分で押す」ということを覚えておいてください。これが一番大事なことかもしれません。

皆さん、絶対に油断せずに、第一志望校を目指してがんばってください。応援しています。

A・Kくん

浅野・芝・高輪 合格

 ぼくは、特に社会が苦手だったので、川ヨビでやったテストをもう一度、満点をめざしてやってみて、そして復習して、大事な言葉やその意味をもう忘れないように確認しました。そうすることで苦手な科目である社会を克服しようとしました。そして、忘れてしまっていた言葉などを、思い出すことができました。

受験勉強を通して得たことはテストでまちがえてしまった問題を復習するのは大事なことであるということです。よくわからず解けなかった問題も解き直してみたりにたような問題を解いてみることで解き方が理解することができ、ちがった問題も復習したときの考え方をつかうことで、前は分からなかった問題をとくことができました。

後輩へのアドバイスは自分の得意科目の力をさらにのばし苦手な科目を克服していくことです。得意科目の力をのばし複雑な問題でもとけるようにし苦手科目も克服することで合格できるようがんばってください。

 

ひと言コメント

I・Nくん

攻玉社・栄東・逗子開成 合格

勉強をしすぎても意味がありません。せいしん的においつめられて、学んだことが入ってこないこともあります。時間を決め、メリハリをつけて休けいする必要があります。また、自分が志望校に合格した姿や、よい成績をとった自分を思い出すのも良いと思います。

S・Kさん

東京女学館・湘南白百合 合格

私は理科・社会が苦手でした。GSクラスの中でも後ろからかぞえた方が早いぐらい成績が良くなくて、一時期は理科社会を克服する気もなくなっていました。そんなときに相談に乗ってくれたり、助けてくれたのが家族のみんなでした。暗記するのを手伝ってくれたり、アドバイスをもらって理科社会を少しでも克服できるようにする気持ちをあげてくれました。

M・Oさん

品川女子・田園調布・八雲 合格

私は第一志望校が合格した、とわかった時、飛び上がるほどうれしくて家族みんなで喜びました。今、思えば近所めいわくだったかなと少し思います。

H・Kさん

湘南白百合・清泉女学院・横浜雙葉  合格

受験がそろそろ近づいてきて緊張してきた一月。私は、しっかり勉強しようという気持ちがなぜか高まってきました。そして、塾の友達とテストの点数できそいあいました。ずっとこんな感じですごしていたら、苦手だった国語の成績がのびたような気がしてきました。

M・Aさん

鎌倉女学院・カリタス女子・栄東・普連土学園 合格

私が中学校で学んだのは「あきらめない」ことです。もちろん知識も大切ですが「あきらめない」という気持ちがなければ合格できないと思います。このことをかんじたの苦手な理科をやっていた時です。私は苦手克服のために単語帳やひたすら書く、というのをやりました。その時、「もうダメだ」「いや、まだいける!」という気持ちでの覚えられ具合の差がすごくて、それからは自分を信じて勉強するようにしました。

CONTACT お問い合わせ

フリーダイヤル0120-007-190

受付時間
平日 11:00~20:30
土曜 11:00~20:30
日曜 8:30~16:30


〒212-0012
川崎市幸区中幸町4-44
TEL:044-541-2221
FAX:044-541-2220