ごあいさつ

ごあいさつ

校長 舘野晶子より

 川崎予備校は、1955年に川崎に開校し、以来60余年に渡り、小学生・中学生の難関校受験のための進学塾として毎年数々の実績を上げてきました。
当校では、生徒さんを志望校合格に導くために、毎日小テストをして採点し次の授業には返却する、宿題を提出させて一人一人のノートを点検するなど、きめの細かい地道な指導をするとともに、図や式の書き方、ノートやレポートの書き方など、正解を出す思考過程を表現する習慣も大切にしています。
これにより「一生通用する学習方法」が身につくのです。
この「面倒見の良さ」を合格するまで熱心に継続する教師陣が、川崎予備校の強みです。
 また長年川崎の地に一教場であること、小規模だからこそ、ここに来ればいつもの先生に会える、質問できる安心感があり、昼間通っている小学校・中学校とは別の「第2の学校」とも言える心の拠り所になっていると思います。
 科学技術が発展し、ものすごいスピードで社会が変化を遂げている中にあって、未来を担う子供たちの『頭脳』を磨くことはもちろん、ゆっくり成長する柔らかな『心』をも見守ることができる塾であり続けたいと思っています。

 川崎予備校で学力をつけ、難関校の入試を乗り越え、憧れの志望校で明るく楽しい未来を切り拓いていきましょう!

川崎予備校は、全職員が自らの行動に責任をもって、生徒一人ひとりを社会に通じる人財に育てます。
閉じる