【第1号】英語、スタートダッシュうまくいっていますか?

中1生は本格的な英語学習がスタートしてほぼ2か月が経とうとしています。

be動詞に関することを終え、一般動詞に突入しようとしている今、もう一度ここで英語の学習方法を確認しておきましょう。

英語はいくら素晴らしい授業、楽しく分かりやすい授業を聞いて納得したところでできるようにはなりません。

英語ができるようになるには、授業を受けた後が肝心でしたね。

その日学んだ重要事項を含む基本英文や単語をノートに何度となく書き、書いたものを目で確認し、声に出して読む。それを耳を通して聞く。体を使って体で覚えていく、これが英語学習の第一歩です。

以上のことを毎日最低20分は集中して行うこと。1日で覚えられたからといって安心せず、次の授業までに毎日繰り返す、これも大切なことです。

最近では英語は英検を5級や4級、さらには3級や準2級あたりまで小学生のときに取得している場合も珍しくありません。This is ~の英文? そんなこと知っている、毎日勉強しなくてもできちゃうよ、確かに、そういう生徒もいるでしょう。しかし、その油断があとで悲劇を招くことになるのです。いつの間にかわからなくなっているという悲劇…。さらにまた、毎日勉強するという習慣がいつまでたっても作れないことにもなりかねません。

英検を取得しているかどうかにかかわらず、全員まずは地道に毎日の英文暗記に励むことをおろそかにしないようにしてください。そして、日本語を見て瞬時に英文に変換できるように努力を重ねていきましょう。

一日わずか20分の努力も積み重なれば大きな差を生むことになります。1週間で練習したノートページ数は30ページくらいにはなるでしょうし、実際、中1生はもう200ページくらいは練習しています。中2になるころには1000ページは優に超えるでしょう。これが自信となり、英語学習が一層加速していくのです。

川崎予備校の中学生は英語が強いといわれますが、その秘訣は地道な努力をいい加減にしないというところにあるのです。

CONTACT お問い合わせ

フリーダイヤル0120-007-190

受付時間
平日 11:00~20:30
土曜 11:00~20:30
日曜 8:30~16:30


〒212-0012
川崎市幸区中幸町4-44
TEL:044-541-2221
FAX:044-541-2220