【第9号】10時間学習→実りの秋へ

夏、終わりました。

なかでも中3生は、10時間学習に果敢に挑み、受験の天王山とも言われる夏を乗り切ってくれたのではないでしょうか。大いに自信にしてよいと思います。

ただし、天王山を乗り越えた、夏に飛躍できたといっても、それで合格が保証されるわけではないことは皆さんご存知の通りです。

そして、秋。受験に必要なことを学び終えた今…。

全国屈指の進学校である開成や国立大の付属高校、早慶MARCHなどの難関私立付属高校、さらには横浜翠嵐などの公立トップ高校を目指して、ガンガン演習を重ねていきます。

よく、夏の部活が終わったころになってはじめて受験を意識して勉強を始める、あるいは最後の夏は楽しんで9月から頑張ろうとする中学生がいます。

残念ながら、合格には届きません。

そもそも、これまで勉強する習慣がなく、基礎学力もついていないものが、急にやる気を出してやってみたところで続かないのです。続いたとしても基本的なことがようやく分かったところで入試を迎えることになり、この場合はアウトプットの練習不足によって、合格できないというのが実情です。

したがって、中1中2の頃から1日わずかな時間でもいいから、毎日勉強を継続していくこと、これがあとになって大きな意味を持ってきます。川ヨビでは中1の段階では特に「学習習慣」をつけることを念頭において指導をしているのはこのためなのです。9月から中1も他の学年と同じく自学自習の時間、Uタイムが始まります。この時間も利用して、学習習慣を今まで以上に身につけてほしいと思います。

さて、中3生は、9月からは最大週5日、28時間30分を川ヨビで過ごしていきますが、10時間学習を乗り越えた今、それに耐えうる体力も、そして多くの実践演習を実りのあるものにしていくだけ学力も手にしたはず。 合格までのストーリーを自らイメージしつつ、夏同様に秋も乗り越えていきましょう。

CONTACT お問い合わせ

フリーダイヤル0120-007-190

受付時間
平日 11:00~20:30
土曜 11:00~20:30
日曜 8:30~16:30


〒212-0012
川崎市幸区中幸町4-44
TEL:044-541-2221
FAX:044-541-2220