【第13号】私立高校の入試システム

私立高校にはさまざまな入試形態があるのですが、複雑でよくわからないという質問を受けることもありますので、ここでざっくりと分類してみたいと思います。

①推薦入試

合格したらその学校に進学することが前提なので、第一志望に限って利用します。

(1)絞らない推薦

内申点が学校の設定する基準点を超えていれば、たとえ学力試験が課されても合格。神奈川だと、ほとんどの推薦がこれ。

(2)絞る推薦

内申点が基準を超えていても、さらに学力試験や面接などを実施して合格者を決定するので、不合格になる可能性あり。神奈川だと慶應義塾や日本女子、都内だと早大学院や青山学院、明大明治に中大の付属校などがこれに該当します。

 

②一般入試

(1)オープン入試

入試当日の入試の得点一発勝負。

(2)単願入試(専願ともいう)

内申点が学校の設定する基準点を超えていれば、たとえ学力試験が課されても合格。絞らない推薦とほぼ同じで、他の高校に進学できない。法政第二や法政国際の書類選考がこれ。

(3)併願入試

内申点が学校の設定する基準点を超えていれば、たとえ学力試験が課されてもまず合格。絞らない推薦との違いは、ほかの私立や公立を受けられるという点。要するに滑り止めに活用できる。桐蔭学園や鎌倉学園の書類選考はこれ。

別の角度から分類し直すと

 あらかじめ合格の分かる確約型
→絞らない推薦、単願入試、併願入試

 受かったらほかの学校に進学不可
→絞らない推薦、絞る推薦、単願入試

 合格してもよそに行ってもよい
→オープン入試、併願入試

注意したいのは、単願(専願)という名称が学校によって推薦入試のことを指したりするといったところでしょうか。

以上、高校進学の進路選択のお役に立てていただければ幸いです。

CONTACT お問い合わせ

フリーダイヤル0120-007-190

受付時間
平日 11:00~20:30
土曜 11:00~20:30
日曜 8:30~16:30


〒212-0012
川崎市幸区中幸町4-44
TEL:044-541-2221
FAX:044-541-2220