【第14号】ユニットテストの効用

川ヨビでは2種類のテストがあります。

1つがほぼ毎回の授業で実施されるユニットテスト。

もう1つが約1カ月に一度行われる定例テストです。こちらは今月は4、6、7日に行われました。英検と重なった生徒もおり、準備を含め大変だったでしょうが、その大変さを乗り切ることで、成長した部分もあったのではないでしょうか。

さて、ユニットテストのほうなのですが、これは前回の授業内容を理解し使えるようになっているか、覚えるべきものを覚えているかを確認する10分程度のテストです。

このテストによって教師は個々の生徒の学習状況を把握できますから、この結果で個別面談を行って叱咤激励をしたり、追試を実施したりしています。

またクラス全体で定着が悪いと感じられたら、カリキュラムをちょっと変更して、重点的に教え直したりすることもあります。

テストの結果は教室に掲示することもありますので、これによってクラス全体が切磋琢磨するような雰囲気を作りやすくなったりもします。

こういうふうにして全体の底上げを図っていく手立てとしているわけです。

一方、生徒の方からのユニットテストのメリットは、どんなものがあるでしょうか。

1.宿題をやるとき、単に「やればいいんでしょ」では通用しなくなる。ユニットテストで結果を残さないといけないという意識があるからこそ、形だけではない宿題への取り組みができるようになる。

2.毎回テストがあるために、勉強のペースを作りやすい。

3.テストで高得点を取ることによって、達成感や成功体験を得られやすい。これがやる気の持続につながるし、自信もつく。

もしもユニットテストというものがなければ、生徒は分かったつもり、教師は教えたつもりで終ってしまっていることに気づかず…。なんだかゾッとしてしまいます。

川ヨビの合格実績の秘密の一つは、このユニットテストにあるのです。

CONTACT お問い合わせ

フリーダイヤル0120-007-190

受付時間
平日 11:00~20:30
土曜 11:00~20:30
日曜 8:30~16:30


〒212-0012
川崎市幸区中幸町4-44
TEL:044-541-2221
FAX:044-541-2220