【第23号】過去問や直前期の学習

時間を測って過去問を解き、採点して一喜一憂する愚については前回書きました。そして、大事なのは「間違い直し」であるとも書きました。

さて、どんなふうに間違い直しをするのがよいのでしょうか。

これまでのユニットテスト、定例テストなどは基本的に隅から隅まで完璧を求める間違い直しを要求されてきたはずです。

しかし、入試においては「完璧」は必要ありません。

合格最低点を上回ればいいのです。

ここが今までの間違い直しとは違うところなのです。

解いて解説を読む、その時に「これは逆立ちしてもできない」といった問題もあるはずです。その問題にいくら時間をかけて分かったつもりになっても、おそらくかけた時間に見合った成果はないでしょう。

そんな自分の力をはるかに超えた問題は、気にしないのが一番。

気にすべきなのは、解説を読んだらあっさり分かった問題や、ド忘れして解けなかった問題、要するに「出来るはずだった悔しい問題」です。

その手の問題は、しっかり間違い直しをして、類題が出たときにはすんなりできるようにしておくべきです。

間違い直しをするなかで、たとえば「関数がもう一歩。でも、ここはすぐに点になりそうだから、やり直そう」といった分析をするかもしれません。

そのときは、問題集(新たな教材には手を出さないように。これまで使用したものを使おう)や過去問でその分野だけを集中してやってみるのも効果があるでしょう。

このように、過去問もいつもテスト形式で行う必要はありません。英語なら長文だけやってみるとか、国語であれば読解問題の文章を読み通すのにどのくらいの時間がかかるのかを調べるのに使ってみる、といった使い方もできます。

とにかく「あともう一歩」の分野は何であるのかということを意識して、過去問やこれまで使ってきた教材に取り組んでほしいと思います。

CONTACT お問い合わせ

フリーダイヤル0120-007-190

受付時間
平日 11:00~20:30
土曜 11:00~20:30
日曜 8:30~16:30
7/18~9/1
夏期受付時間


〒212-0012
川崎市幸区中幸町4-44
TEL:044-541-2221
FAX:044-541-2220