チャレンジクラス

2018年度中学3年生の成績

英検2級

2018年度チャレンジクラス 英検合格実績

合格実績
合格実績

「難関大学への進学を目指す私立中学生」を対象とした英語専門講座です。

英語は大学入試における最重要科目です。高校3年間で高校3年間で英語の力を伸ばす「鍵」となるが、中3までに身に付けている基礎学力(中学から~高校内容の知識の定着度と読解力)です。チャレンジクラスは難関大学の「入学試験(個別試験)」から逆算し、中3終了時に英検2級・センター試験(筆記)で7割(200点満点中140点)を取るちからをつけることを目標とした、私立中学生対象の英語専門講座です。このチャレンジクラスで学んだ生徒の多くの私立中学生が、「英語」を武器に東大などの旧帝大や、早慶などの最難関私大への進学を実現しています。

チャレンジクラス卒業生の進学大学

講師

チャレンジクラスの3年間

中1・中2の2年間
  • ・技能の基礎・基本となる文法・語彙を徹底的に学習します。
  • ・文型の学習(中一後半)を本格的に始める時期からは、読解の学習が本格化します。
    ※文法知識を使い、1文1文を正確に読めるようになることが、この時期養うべき力です。
  • ・中二の後半には高校範囲をの文法・語彙の学習に進みます。多くの生徒が中2で英検準2級を取得しています。
  • ・英検直前期には対策授業を行います。
  • ・学校の進度の先取り学習となっており、定期試験においても高得点を出しています。
中学3年生

・大学入試を見すえた学習を始めます。大学入試では必要な語彙や熟語・慣用表現が大幅に増えるため、この時期になっても暗記を継続します。また、英作文・長文読解は大学入試レベルのものを扱います。英検においてもライティングで高スコアを出し続けています。

英検合格の秘訣

英検合格の秘訣

単語・熟語・文法・読解・リスニングなど個々の力を高めることで総合的な英語力の向上を図り、直前の英検対策を行うことにより高い合格実績を得ることができるのです。
本物の英語力を身につけるために、学校選び、塾選びは重要なポイントになるでしょう。

授業内容

・ユニットテスト
 (宿題の英文・単語・熟語,前回授業の復習問題,既習単元からの復習問題など)
 (内容は時期によって異なります。毎回の授業で指定されます)
・新しい文法・熟語の解説
 (オリジナル教材を使用)
・プログレス練習問題の解説
・文法の復習
 (学年のレベルに合わせた中学~高校範囲のオリジナル教材を使用)
・長文の解説
 (プログレス、その他各学年のレベルに合わせたオリジナル教材を使用)
・1文・短文構造の解説
 (プログレス、その他各学年のレベルに合わせたオリジナル教材を使用)
※内容は学年・時期によって異なります

宿題とテスト

川ヨビでは新しく学んだ英文・単語・熟語の「音読と書き」の練習が、宿題として毎回の授業で課され、次の授業で身についたかどうかの確認テスト(ユニットテスト)を実施します。文法・読解の予習や復習,音読も宿題となります。
また、ほぼ2ヶ月に1回のペースで定例テストを実施します。こちらは総合実力テストの形式で、それまでに学習した全範囲からの出題となります。

閉じる