公立上位専門コース

公立上位専門コース

夏期講習14日目

昨日受け取れなかった夏の記録、翌日である今日、受け取った。

 

この辺のスピード感がたまらなくいい。

 

これが勉強面にも活かされると実力はぐっと上がるはずだ。

 

さて、後期、国語は短歌や俳句を扱っている。

 

もちろん、公立入試にも出題される分野だから、表現技法をはじめ、いろいろな決まりごとは頭の中に入れておきたい。

 

一方で、毎回テストを繰り返し、ようやくものになりそうになりつつある古文の単語、これを活かした問題にも取り組みたいということで、古文については、入試問題に当たっている。

 

古文の読解を通して、重要単語のみならず、忘れかけていた文法事項を確認できるのがいい。

 

後期はなるべく入試の古文の問題にあたろうと思う。

 

明日の古文は、途中で全く分からない意味不明な箇所が登場する。

 

ここをどれだけ知らんぷりできるか?

 

知らんぷりなんかしていいのか?

 

こういったテクニックも明日教えよう。

閉じる