公立上位専門クラス 足跡 13

先を見据えましょう

突然ですが、川崎予備校は「大学進学につながる高校選びを」ということを謳っております。

したがって、とりあえず高校に進めればよい、そのあとのことは入ってから考えるなどと悠長なことを言っていたら、将来の可能性を狭めてしまうことにもなる、そんな話をガイダンスや進学説明会の場などでしております。

これは、勉強法についても同じ。

今、クラスの半分は定期試験勉強に勤しんでいます。

とりあえず定期試験は点数が取れればよい、それはその通りなのですが、だからといって、こちら側からすべてのメニューを決め、生徒側は何も考えず、与えられたものをただやるだけ…。

たしかにこれでも成績は上がるでしょう。

でも…

これではいくら定期試験の得点がアップしたとしても、その後につながらないその場限りの勉強なのではないでしょうか。

目標に向けて段取りをつけて、それに向かって、当初の計画を途中、修正しながらもなんとか間に合うようにやり通す、こんな勉強が先々を見据えたとき(大学進学だけでなく、社会人になった時も)、必要なことなのではないでしょうか。

先週、すでに定期試験が終わった生徒の得点状況はお知らせしましたが、彼らはこちらの指示通りやったわけではありません。

自分で計画を立て、試行錯誤しながら、あの結果を残してくれました。

こちらがやったのは、進捗状況のチェックと勉強ぶりを見守ること、ときに「それって何のための勉強?」と突っ込みながら。

CONTACT お問い合わせ

フリーダイヤル0120-007-190

受付時間
火水金土11:00~20:30
日曜 8:30~16:30


〒212-0012
川崎市幸区中幸町4-44
TEL:044-541-2221
FAX:044-541-2220