公立上位専門コース

公立上位専門コース

公立上位専門クラス 足跡28

~入試まであと◯日~

 

入試まで2週間を切りました。

 

生徒の顔は真剣そのもの。各種テストを実施するたびに、自分が合格するために何が必要であるかを主体的に考えてくれているようであります。

 

神奈川県受験結果資料というぶ厚い資料があります。生徒にはずいぶん前にその存在を知らせ、実際に見てももらっています。

 

生徒はこれまでの全県模試の結果やその資料を参考にして、客観的に自身を分析しています。

 

入試で最後に大切になるのは「絶対に受かりたい」という強い想いでしょう。

 

受かるために行動を起こす。自分に必要なことを身に付ける。

 

さて、あと10日程の期間で何が出来るでしょうか。

 

少なくとも、理科や社会などの知識を総ざらいして得点力をアップさせることはできるし、数学であれば単元を絞ればその単元を強化できる。

 

合格に向かって、最後の最後まで自分の力を伸ばす事を考えている生徒はまだまだ力を伸ばせる。

 

焦ると周りが見えなくなります。この時期だからこそ、冷静になりましょう。

 

さて、

話は変わり公立高校の入試倍率が発表されています。翠嵐は流石の高倍率。多摩・横浜SFは若干下がったようです。平沼は若干の上昇。川和は低めに出ています。

 

倍率は慎重に見ていきたいものの、「本当に行きたい」学校であるならば、合格できるだけの点数を取ることを最優先に考えなければなりません。

 

受験まであと10日と少し。

 

さぁ、やり残しのないように、悔いの残らないように、目一杯自分の力を磨いていこう。

閉じる