公立上位専門コース

公立上位専門コース

公立上位専門クラス 足跡29

国語爆上げ、そして入試へ

 

2月8日(金)が平常の最終授業でした。

 

9日からの3連休は、中3にとっては3連休にあらず。

 

私立の入試を受ける以外は、川ヨビに来てそれぞれの課題に自主的に取り組んでいました。

もくもくと、8時間…。

 

定期試験前のときから自学力は鍛えていましたので、こういった点は心配いらず。あとは最後の最後まで力をつけ続けること。

 

社会はどんどん伸びてきたのは以前に書いた通り。

 

一方、上がらないと(世間的に)思われている国語はどうなってきたのでしょう?

 

昨年末に2018年度の神奈川公立の国語の入試演習を行いました。

 

結果は、平均74点。90点以上がゼロ。公立上位校を目指すクラスの得点ではありません。若干焦りましたが、冬期講習ではマーカーを復活させ、根拠をより明らかにしつつ、解説を行ってきました。

 

そして、1月のはじめ。2017年度で再び入試演習を行いました。結果は、クラス平均88点。

 

どうでしょう、この爆上げ!

 

いや、県の平均点が2018年が65.6、2017年が73.1なので、伸びて当然ですね。指導の成果、努力の成果と素直に喜べません。

 

そこで1月末に2016年度の問題を使用して、最後の入試演習を実施しました。県平均が64.7点ですから、2018年より難しい問題です。

 

結果は、クラス平均90.4点。クラス半数以上が90点越え。1ヶ月で16点上げたといっていいでしょう。

 

君たちの努力は正しい。

 

入試でも培った実力をいかんなく発揮することを心より祈ります。         祈 合格

閉じる